ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月9日付け

 

     京奈和道事業を批判

      奈良県議会 太田氏

 

18年2月議会一般質問太田、180306 (2).jpg

 日本共産党の太田敦奈良県議は6日、2月県議会で一般質問をしました。

 太田氏は、京奈和自動車道の問題について質問。同自動車道の未事業化区間・大和北道路の北半分(木津川インターチェンジと奈良インターチェンジ間約6繊∋業費約2250億円)を、県は来年度新規事業化しようとしています。

 2010年の議会で地下トンネルとなる同道路の北半分の工事を、県の財政負担(550億円)を理由に荒井知事自身が中止したにもかかわらず復活したことや、世界遺産に関連し保護されている地域にトンネルを通過させる計画は地下水で保護されている埋蔵文化財に影響を及ぼす恐れがあるとし計画の中止を求めました。

 知事は事業に固執する答弁をしました。

 太田氏は、県教育委員会が県立高校の統廃合を含めた学校・学科の見直し計画をまとめる方針を出したことについて質問。10年前の10校削減について、県立高校の元教員や卒業生の「行ける学校の選択肢が狭くなった」などの声を紹介し、削減ではなく35人学級の実施など豊かな教育条件を実現することが大切として、「県民が知らないままの拙速な具体化は避けるべきだ」と訴えました。

 

 

 


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode