ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月11日付け

 

       文化財守り活用求め

 

1政府交渉.jpg

 日本共産党奈良県議団(山村さちほ団長)の山村、宮本次郎、太田あつし3県議は9日、政府省庁を訪ね、交渉しました。

 国交省では、県が国道24号線の渋滞対策と称して、埋蔵文化財が豊富な平城域にトンネルを掘り京奈和自動車道・大和北道路を通過させる計画について交渉。右折レーンの複線化など改良に取り組むと答えた同省に対して、県議団は「改良が進むのであれば、地下トンネルは通過交通を増やすだけで、県にとって恩恵がない」と中止を求めました。

 文化庁では、奈良公園のホテル建設問題を交渉。「奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会」が昨年9月に同庁に提出した「許可処分の取り消しを求める審査請求書」について質問。「現在、審査を行う準備中」という同庁に、県議団は「結論が出ていない工事をはじめないよう」求めました。

 重要文化財・旧奈良監獄(奈良少年刑務所)の保存・活用計画についても文化庁と法務省と交渉しました。

 山下芳生党副委員長、大門実紀史参院議員、穀田恵二衆院議員が同席。宮本岳志衆院議員が激励しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode