ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月6日付け

 

     8世紀から使われた鉢

「お水取り」展2月6日から奈良国立博物館で3月14日まで開かれています。

 

お水取り.jpg

 同展は、3月1日から14日まである東大寺二月堂の「修二会(しゅにえ)」に合わせて毎年開かれています。関連する東大寺所蔵の彫刻、絵巻、仏具などを展示し。修二会の行法が行われる二月堂の中枢・礼堂(らいどう)と内陣(ないじん)の原寸大の模型、八世紀につくられ1944年まで使われた鉢、修二会をする練行衆(れんぎょうしゅう)の食事をつくるために使用されたまな板などです。

 

薬師寺の名画.jpg

 同時開催の薬師寺の名画展は、同寺所蔵の、旧福寿院障壁画33面を展示。29面が画家・長沢芦雪の代表作であり、4年間の修理を終え、今回33面をすべて見ることができます。近年本格修理された薬師寺鎮守八幡宮伝来の板絵神像(1295年)と往時の彩りを復元模写した板絵神像も展示されています。

 「名もなき知識、発願者たち(写経編)」展も開かれています。

 

 ○休館日=2月19日(月)、26日(月)

 ○開館時間=午前9時半〜午後5時(金・土は午後8時まで)

       2月8日・11日〜14日は午後8時半まで

       「なら瑠璃絵」開催期間中の2月9日・10日は午後9時まで

       東大寺二月堂修二会本行の期間の3月1日・4日〜8日・11日・13日・14日は午後6時まで

       東大寺修二会 籠松明の日の3月12日は午後7時まで

 

 ○観覧料金

        一般     大学生

   個人  520円    260円

   団体  410円    210円

 ※高校生以下および18歳未満、70歳以上、障害者手帳を持つ人(介護者1人を含む)無料。

  中学生以下と一緒に観覧する人は団体料金適用。

  この観覧券で同時開催名品展「珠玉の仏教美術」「珠玉の仏たち」「中国古代青銅器」も合わせて見ることができます。

  2月22日は夫婦で入館すると半額になります

  2月6日〜3月9日の午前中に東大寺二月堂・東大寺ミュージアムにて3月7日〜9日に限り2人まで無料になる観覧券を配布。  

   

  


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode