ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月14日付け

 

    共闘の結びつき「財産になった」

        総選挙報告会

 

選挙報告会.jpg

 日本共産党奈良県委員会と衆院奈良2区・3区選挙対策本部は9日、斑鳩(いかるが)町で総選挙報告会を開き、同2区候補の霜鳥純一氏、同3区候補の所進氏があいさつ。約100人が参加しました。

 霜鳥氏は、選挙期間中に多くの人から支持や共感の声が寄せられたと語り「引き続き公約実現のためにがんばります」と述べ、所氏は、「選挙後も、安倍政権による消費税増税と社会保障の切り捨て許すなの思いで全力を尽くします」と決意を語りました。 

 宮本岳志衆院議員が駆けつけ、総選挙の結果を報告しました。宮本氏は、市民と野党の共闘に共産党が力をつくしたことは今後に結びつく財産になったと述べ、「新しい国会では、憲法9条を守るために、憲法改定の発議をさせないよう全力をあげてがんばりたい」と決意を語りました。

 参加者した男性は「地域の要求に根ざした取り組みで住民の信頼を勝ち取り、党勢拡大につながるような活動をしたい」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode