ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

    「だれの子どもも殺させない」

      平和子さん激励連帯集会

 

平和子さん激励集会.jpg

 奈良県・滋賀県・兵庫県平和委員会と安保破棄奈良県、兵庫県実行委員会は9月23日、南スーダンPKO派遣差止訴訟原告の平和子さんと同弁護団の佐藤博文弁護士を迎えて、激励連帯集会を奈良市内で開催し、40人が参加しました。

 平さんは、昨年の北海道衆院補選を手伝ったことがきっかけとなり原告となったことや、自衛官である息子に迷惑がかからないように、絶縁状を渡す際に息子の家族(嫁と孫)とハグして別れたことなどを話しました。

 平さんは、政府が自衛隊の派遣をやめるまで訴訟を取り下げることはないと述べ「運動をやり遂げたときに息子に『ママをハグして』と言いたい」と話しました。

 佐藤氏は、「憲法9条を武器に、『現代の戦争』とたたかう」と題して講演をおこない、紛争地域における人道支援と軍隊の関係や自衛隊の活動実態と違憲性などについて述べ、「自衛隊を撤退させることが出来たのは、私たちの護憲運動の成果であり、安保法制の発動を許さない運動につながります」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode