ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月18日付け

 

       宮本氏らが訴え

       新しい政治へ全力

 

終戦記念日宣伝.jpg

 日本共産党奈良県委員会は15日、「終戦記念日街頭宣伝」を県内各地で行い、近鉄奈良駅前では、宮本岳志衆院議員、井上良子衆院奈良1区候補、しもとり純一同2区候補がそれぞれ訴えました。

 宮本氏は、日本を再び、海外で戦争する国にしようとする安倍暴走政治を批判し、「改憲を許さない野党共闘で安倍政権を打倒し、新しい政治を切り開くために全力を尽くします」と訴えました。

 井上氏は、「不戦の誓いをしっかりと守り、子どもたちや若者の未来に戦争のない、平和な日本をつくるためにがんばります」と述べました。

 しもとり氏は、「安倍首相は憲法を変え、自衛隊を9条に書き込み、再び日本が海外で戦争する国にしようとすることは絶対に許せません」と訴えました。

 宣伝には、山村さちほ県議、北村拓哉、白川ケンタロー両奈良市議、後援会員らが参加しましました。

 同日夕刻には、所すすむ衆院奈良3区候補と太田敦県議、高田市議団が近鉄大和高田駅前で宣伝を行い、平和への思いを訴えました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode