ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月12日付け

 

      壁に銃痕 戦跡歩く

       親子で学ぶ夏休み企画

 

宇陀戦跡めぐり.jpg

 新日本婦人の会奈良県本部子どもと教育部は10日、吉川好胤元奈良教育大学付属中学教諭の案内で、夏休み企画 親子で学ぶ戦跡めぐり「宇陀(うだ)の戦争遺跡を歩く」を宇陀市内で行い、子ども15人を含む32人が参加しました。

 参加者らは、始めに、太平洋戦争時に奈良で最大の被害を出した、近鉄大阪線榛原(はいばら)駅近くにある高架下の機銃掃射跡と供養塔を見学しました。

 吉川氏は、「1945年7月24日、アメリカの戦闘機が大阪から来た電車の乗客を狙って機銃掃射を行い、11人が死亡、27人が負傷した事件で、壁に銃撃の跡が生々しく残っています」と説明し、子どもたちが、銃撃の跡を触って確かめる姿がありました。

 その後、戦時体制へ国民の動員強化を図り、毎月8日の「大詔奉戴日(たいしょうほうたいび)」に国民学校の児童が「神社参拝」に動員された、神武天皇ゆかりの墨坂(すみさか)神社と八咫烏(やたがらす)神社を見学しました。

 参加した、地元榛原町に住む小学5年生の女子児童(10)は「住んでいて知らなかったことを教えてもらえて良かった」と話しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode