ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 8月5日付け

 

    反核トラック青年が訴え

 

 今年22回目となる「全日本建設交運一般労働組合(建交労)全国青年部反核トラックキャラバン」が1日、奈良県入りし、建交労奈良県本部や参加者とともにJR奈良駅前でミニ集会を行いました。

 ミニ集会では、日本共産党の井上昌弘奈良市議が、今年の原水爆禁止世界大会が「核兵器禁止条約」が採択された歴史的な転機にひらかれる大会だと述べ、「被爆国日本で、核兵器廃絶の先頭に立つ政府をつくる為に力を尽くしたい」と連帯のあいさつを行いました。

 長崎の原水爆禁止世界大会に参加する、民青同盟奈良県員会の白川史恵委員長は、「禁止から廃絶へ大きな一歩にむかって、皆さんと一緒にがんばりたい」と決意を述べました。

 奈良市革新懇の井上巌事務局長代理は、「全国の皆さんと一緒に核兵器廃絶の為にがんばりたい」とあいさつしました。

 建交労全国青年部の秋山哉保副部長は、「核兵器禁止条約」が国連で採択されたことから、いろいろな場所で行った宣伝で核兵器廃絶署名に関心が集まっていると述べ、「今は、核廃絶を願う行動ですが、この行動が、核が廃絶された事を記念する行動になる日が一日も早く来るようにがんばります」と決意を語りました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode