ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 5月12日付け

 

        憲法講座を開催

       「九条の会」奈良など

 

5・4憲法講座.jpg

 「九条の会」奈良と九条の会奈良県ネットワークは4日、清水雅彦日本体育大学教授(憲法学)を講師に「憲法を生かし平和、個人の尊厳をまもる日本を」と題して、「憲法施行70年・第12回九条の会憲法講座」を奈良市内で開催、240人が参加しました。

 清水氏は、「憲法は国家権力をしばることを一番の目標にしています」と話し、その目標を歪める自民党の改憲草案の、軍事大国化をすすめる国防軍の規定や個人としての尊重などの人権制約原理の変更などを盛り込んだ内容や問題点について話し、国家権力の都合で改憲を進めることの危険性を説明しました。

 清水氏は、市民連合と野党の共闘で、32の選挙区で野党統一候補が実現したことで、市民と野党が一緒にたたかう体制ができてきたと話し、「次の総選挙では、奈良でも選挙区ごとに野党統一候補をつくり、安倍政権に立ち向かってください」と訴えました。

 また、市民連合・奈良や子どもと教科書橿原ネット21、原発ゼロへ生駒の会、9条の会奈良県ネットワークの代表がそれぞれの立場から憲法について語りました。

 講座終了後、参加者らは近鉄奈良駅前までデモ行進を行い、清水氏も参加し、「憲法改悪絶対反対!」「みんなの力で改憲止めよう!」とコールし、市民にアピールしました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode