ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 3月18日付け

 

    上下水道問題で住民懇談会開く

        党奈良市議団

 

 日本共産党奈良市議団はこのほど、東部山間・月ヶ瀬・都祁(つげ)地域の3カ所で、市企業局が進めようとしている上下水道の官民連帯事業について住民懇談会を2日間にわたって開催しました。日本共産党の田村衆議員の委員会質問のVTRを視聴し、党市議団が基調報告をおこないました。

 市企業局が進める官民連携事業は、上下水道施設の所有権は企業局がもち、双方が50%の出資で新会社を設立し、維持管理・更新工事をおこなうものです。

 懇談会では、「昭和の合併で東部山間が、平成の合併で月ヶ瀬、都祁が奈良市に編入したのに、同じ奈良市なのに経費がかかり、効率が悪いと今度はこの地域を切り離すのか」「地域の簡易水道は、地域住民が何年もかけて手掘りの奉仕で造った血と汗の結晶、民間に渡したくない」など怒りの声があがりました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode