ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 2月7日付け

 

     やった共産党3議席

    橿原市議選  市民優先市政へ

 

橿原市議選バンザイ写真.jpg

当選を喜び合う(後列左端から)竹森、西川、今西の3候補と後援会員ら

 

 奈良県橿原市議選が5日投開票され、日本共産党の竹森衛(64)、西川正克(59)の両市議とともに元市議の今西貴昭候補(66)が当選し、前回失った議席を回復、2議席から3議席になりました。

 日本共産党は、4457票(前回比221票増)を獲得し、得票率では前回比1・01ポイント増の10・27%となりました。

 選挙戦は、定数24に現職、新人、元職29人が立候補する大激戦となりました。党支部や後援会員らは、3候補を先頭に、「ムダな大型公共事業をやめ、市民優先の市政へ」「粗大ごみの有料化ストップ」と多くの人に支持を訴え奮闘しました。

 選挙戦では、「共産党がふえて、がんばってほしい」「ゴミの話は、初めて聞きました。ムダづかいしながら許せない」など期待と関心が寄せられました。

 当確後、竹森、西川、今西の3候補は後援会員らと当選を喜び合い「引き続き、税金のムダづかいをやめ、市民のくらし優先の市政に向け、掲げた政策の実現のため全力で頑張ります」と決意を語りました。

 

◇開票結果は次の通りです

 ◆奈良県橿原市24‐29

竹森衛(64)現

     1723

今西貴昭(66)元

     1410

西川正克(59)現

     1324

 議会新分野は次の通りです。(カッコないは前回当選者数)

 ▽共3(2)自6(2)公4(4)民進2(1)維新1(0)無8(15)議席占有率12・50%(8・33%)

  (投票率43・14%)


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode