ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月28日付け

 

       県民本位の県予算に

 

県へ要望.jpg

 日本共産党奈良県委員会と同県議団は26日、荒井正吾知事に対して、「2017年度奈良県予算編成に関する要望」をおこないました。

 要望書には、憲法守り、暮らしと福祉、地域経済を守る県予算にするために重点要望5項目と、福祉や地域経済の振興など個別の212項目が記されています。

 初めに、細野歩党県委員長があいさつし、その後、県議らが「老朽化した県営住宅の改善とバリアフリー化」「高校生や大学生の学ぶ環境を守るために給付制の奨学金の創設を」「75歳以上の医療費の引き下げや介護保険の負担増をやめて」など要望しました。

 荒井知事は、「福祉の公正さを考えていかなければならない」と終始持論を展開しました。

 要望には、日本共産党の井上良子衆院1区予定候補としもとり純一2区予定候補も同席しました。


コメント
コメントする








   

最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode