ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月20日付け

 

      安倍改憲を阻止しよう

 「戦争瀬ない奈良1000人委員会」呼びかけ人

         淺川 肇さん

 

浅川さん.jpg

 私は、「戦争させない奈良1000人委員会」の呼びかけ人をしています。安倍首相の選挙の狙いは改憲です。改憲反対の声が高まらないうちに3分2の勢力を国会内に作ろうとしているのです。

 安倍首相が変えたい憲法とは、戦前の国家主義、帝国主義にもどす憲法です。小林多喜二が拷問され殺されたことは、皆さんも知っているでしょう。そんな国に再びしたいと思いますか。

 私たちは、安倍首相のたくらんでいる改憲に反対しなければなりません。今、反対しているのが共産党です。だから私は共産党を支持します。

 今度の選挙は、戦争をする憲法をつくりたい安倍政権と憲法を守って戦争させない、平和と私たちの人権を守るためのたたかいだということを認識していただいて、小選挙区も比例も共産党に入れてください。

 


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

       安倍政権危ない

○…奈良県の大和高田市の高田西支部は、連日電話での支持拡大に奮闘しています。

 同支部の松尾忠さんは、15日頃から届いた選挙ハガキや政見放送を見た人から「ああ、共産党ね」「私も、戦争はいや、憲法を守らないといけないと思っている」など好意的な反応があると話します。

 松尾さんらは、憲法問題を重点にして、「安倍政権が戦争をする国にしようと憲法改憲を狙っている、戦争は絶対にダメ。憲法を守るために、比例は共産党へ、選挙区は所すすむに」と訴えて支持拡大に奮闘しています。

 電話に出た男性は「今の安倍政権がしていることは危ない」と話しました。

 

      保育園前でプラスター宣伝

 ○…奈良市の各支部は、市内の大学前や幼稚園、保育園前で大型プラスターを使って宣伝をおこない、保護者や学生に支持を訴えています。

 鼓阪(つざか)支部は20日、地域の市立保育園の前で宣伝をおこない、送迎の保護者にビラを配りました。

 支部員が、「自民党は保育料をタダにすると言っていますが、保育所を作ることが先です」と訴えると、ビラを受けとった女性保育士は「私もその通りだと思う」と支持を約束しました。

 同日、奈良市女性後援会は民間保育所前で宣伝し、送迎途中の保護者にビラを配りました。

 宣伝中に、近所に住む女性が「子どもばっかり言うけど、年金者も大変なのよ」と声をかけてきました。後援会員が「軍事費を減らして年金を増やしたいですね」と答えると女性は「軍事費は減らさないといけない」と対話が弾みました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース  10月19日付け

 

     中高生足止め演説に声援

 

 

 ○…18日、日本共産党の山下芳生副委員長が訴えた近鉄生駒駅前の街頭演説は、駅ロータリーの歩道橋に多くの人が集まり、「がんばれ」と声援があがりました。学校帰りの中学生や高校生が足を止め演説を聞いていました。

 後援会員の女性は、「今日の井上候補の演説が、今までよりも良くなっていた」と話し、「後援会員の人が一緒に電話かけをしていて、自分の親戚とか友達に広げてくれているのを見て、私も『比例は共産党』でがんばって支持を広げていきたい」と話しました。

 一緒にいた別の女性は、山下副委員長の話を聞いて、「共産党しかないよねと思った。『比例は共産党』で電話かけとか支持拡大がんばります」と話しました。

 

  自民支持やめ共産党に約束

 

○…奈良県平群町の平群東支部は、電話かけで今まで対話をした事のない人たちとつながっていると話します。

 支部員らは、電話に青年がでると、「共産党は選挙の選択肢に入っていますか」と聞いています。青年からは「ばっちり選択肢にはいっていますよ」や「今回の選挙は、共産党しか選択肢にない。共産党に入れます」と返事があります。

 別の男性は、以前は自民党に投票していたと話し、「戦争に進む道はあかん。共産党はいい事を言っている」と党への支持を約束しました。

 中学生の子どもをもつ母親は、「消費税が10%に上がるれば、生活が大変になり困る」と話します、支部員が「安倍首相が、教育や福祉に使うと言っているがまやかしです」と伝えると「共産党を応援しようかな」と述べました。

 

 

 


 

     しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

 

     特大プラスターを手に宣伝

 

西南地域支部.jpg

 奈良市の西南地域の日本共産党京西、赤膚(あかはだ)、西ノ京の3支部は14日、メガホンやプラスターを手に「強権政治の安倍政権は許せません。市民と野党の共闘で安倍政権にサヨナラを」などと訴えて、住宅街やショッピングセンターの前で宣伝をしました。

 支部員らが、訴えると車から手を振る女性やうなずく男性の姿が見られました。

 3支部は、白川健太郎市議の事務所に集まり連日、支持拡大に奮闘しています。

 支部員が「安倍さんは、このままでは戦争をしかねない、希望の党も同じです」と、安倍政権と希望の党の本質を伝えると、男性は「安倍さんは、ヒットラーみたい、腹が立って、腹が立って仕方ない。自民党よりも安倍さんを倒さないといけない」と話し、別の男性は戦時中の悲惨な状況を話し、「戦争だけは絶対にいやです。日本共産党は、戦争中に戦争反対と抵抗していたのを知っています。がんばってください」と話しました。

 

   所候補と大門参院議員が訴え

 

 ○…奈良県大和高田市にある土庫(どんご)病院の党後援会は19日、決起集会を行い約100人の病院関係者や患者が参加する中、所すすむ奈良3区候補と大門実紀史参院議員が訴えました。

 所候補は、「暮らし命を守るために、これ以上の増税と社会保障の切り捨ては絶対に許せません」と訴え、大門氏は「最後の3日で選挙は変わる、最後までの力添えをお願いします」と述べました。

 集会に参加した女性は「今回は選挙があるなとしか思っていなかったけど、所さんと大門さんの話の中で、9条が変えられると聞いて不安になった。比例に、死に票はない選挙に行こうと思う」と話しました。

 別の女性は「所さんの演説、ものすごく力強くなっている」と絶賛しました。

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月17日付け

  

   3県10市議選 24候補が第一声

 

滋賀、兵庫、奈良の3県10時議選が15日告示され、日本共産党の24候補(推薦1含む)が元気に第一声をあげました。投票は総選挙と同じ22日です。各候補は地方政治での切実な住民要求の実現を訴えるとともに「衆院選の比例は日本共産党とお書き下さい」と支持を呼びかけました。

 

      奈良・葛城

 

葛城市議選告示.jpg

 奈良県葛城市議選(定数15)が15日告示され、日本共産党の谷原一安(62)=新=が現有議席確保必ずと立候補しました。

 選挙戦は、新人7人、現職12人の19人(共1、維新2、公2、無14)が立候補する大激戦です。

 谷原候補は、子どもの医療費の窓口払い無しなどの公約をあげ、「葛城市のすぐれた制度は守りたい。何としても党の議席を引き継がせて下さい」と訴えました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月16日付け

 

  比例180万票 4議席絶対確保、5議席へ

     もりかけ疑惑ふた許さない

 

ももたろうin井上.jpg

 ○…日本共産党奈良地区委員会は15日、JR奈良駅前で、井上良子近畿比例・奈良1区候補を先頭に宣伝をしました。

 井上候補は、「今度の選挙は、森友・加計疑惑にふたをして、臨時国会を解散した安倍政権に退場の審判を下す選挙にしましょう」と訴え。70人以上の後援会員たちは降りしきる雨の中、大型プラスターやのぼりを手に「比例は共産党に」「井上良子をよろしくお願いします」とアピールしながら三条通りを歩きました。

 2階の店舗から駆けおりた女性が、「がんばってください」と激励しました。


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

     奈良1区公開討論会開催 

 

奈良1区公開討論会.jpg

 衆議院選挙公示前日の9日、奈良青年会議所が主催し、奈良1区公開討論会「奈良から日本の未来を考える」が奈良市内で開催されました。

 討論会には、井上良子候補(共産党・比例重複)、小林茂樹(自民党)、馬淵澄夫(希望の党)、吉野忠男(維新の会)の各氏が出席しました。

 討論会では、「経済政策」「安全保障」「憲法改正」の3つのテーマについて候補者がそれぞれ意見を述べました。

 経済政策の討論の中で、アベノミクスについて小林氏は「評価する」と答え、消費税の10%への引き上げで教育の機会均等を訴え。「一定の評価をしている」と答えた、馬淵氏は財源の見直しを訴え、吉野氏は、中小企業への支援を訴えました。

 井上氏は「評価できない」と答え、税金の集め方と使い方を変え、国民の暮らしを応援するなかで、個人消費を増やすことが景気回復のカギだと答えました。

小林氏と馬淵氏は、2問目の途中で退席しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月15日付け

 

近畿は一つ。「比例は共産党」と広げ、大激戦勝ち抜こう

 

  

 ○…奈良市のあやめ池支部は連日、松岡克彦奈良市議の事務所に集まり電話かけをしています。投票先を決めていない人にどれだけ声をかけるのか、つながりを駆使して、少しずつ裾野を広げて党を知ってもらおうと支持拡大に奮闘しています。

 支部員らは「今回の選挙は、9条を守って��年間続いた、平和を守るのか、安倍さんの言う憲法を改憲して、日本が戦争のできるようにするかが問われている選挙」などと訴えています。

 対話のなかで、ある女性は、介護を献身的に支えてくれるヘルパーたちの時給が安いと嘆きます。「耳を傾けて聞いてくれるのは、共産党だけ。介護の問題を取りあげて、がんばってほしい」

 支部員が「安倍さんは、耳触りの良いことを言っているが、本当は憲法を変えたいだけです」と訴えると、女性は「電話をかけてきてくれてありがとう。選挙の意義が分かりました」と話しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月14日付け

 

 近畿は一つ。“比例は共産党”と広げ大激戦を勝ち抜こう

       堀内比例候補奈良県内回る

 

堀内氏.jpg

 

○…堀内照文衆院近畿比例候補(兵庫8区重複)は12日、奈良県内を回り演説しました。近鉄学園前駅では「比例代表では、市民と野党の共闘を大きくするために、ぶれずに頑張る日本共産党へ、大きなご支持・ご支援を広げていただきたい」と訴え。足を止めて耳を傾ける女性や手を振る男性がいました。

 近鉄生駒駅前では、60代の女性が「共産党の支持者ではないけれど、今の政治はあかん、日本共産党にがんばって欲しい」と話しました。


 

      しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

       奈良市へ住民審査請求

高畑町裁判所跡地への高級リゾートホテル建設計画について

 

 奈良県のホテル計画を奈良市が許可した問題で10月5日、計画地周辺の住民らが仲川げん奈良市長に対して審査請求を行いました。

 「名勝奈良公園」内の高畑町裁判所跡地に県がすすめる高級リゾートホテル建設計画に、同市が建設許可を出したことにたいして、住民らが、県に出した設置許可の取り消しを同市に求めるものです。

 審査請求書によると、同跡地へ仲川市長が建物の許可を出したことは、「古都保存法」の施行令第6条に明確に定められている許可基準▽農林水産業の従事に必要な建物▽重要な遺跡を復元するためーのいずれにも当てはまらず違反しているとしています。

 住民らは奈良市に対して、「後代の市民にまで不利益を与える行為だ」として、一日も早く違法な処分を取り消すよう求めています。

 審査請求書の提出には、日本共産党の井上昌弘、北村拓哉両奈良市議が同行しました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode