ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

奈良3区 所すすむ (ところ進)

 

1979年1月29日生 (38歳)。京都府城陽市生まれ。

2001年佛教大学文学部史学科卒業。

医療法人健生会に入職し、老人保健施設「ふれあい」や土庫病院で勤務。医療、福祉の現場の声と若者の願い実現にがんばる。

趣味は音楽(洋楽)、絵画鑑賞。好きな言葉は「嫌なことを率先してやる力は将来必ず生きる」(イチロー)

2015年大和高田市議会議員に立候補。

 

現在、日本共産党大和高田市青年学生部長、土庫病院勤務。
facebook http://www.facebook.com/profile.php?id=100009276016244&fref=ts
 


奈良2区 しもとり純一 (霜鳥じゅんいち)

 

1961年8月7日生(56歳)。兵庫県神戸市生まれ、新潟県で育つ。

1984年奈良大学文学部文化財学科卒業。

奈良民商事務局長、橿原民商勤務などをへて天理民主商工会事務局長。中小業者運動の事務局ひとすじ32年。好きな言葉は「世のため人のため」。

 

2011年橿原市長選挙に立候補。

現在、日本共産党奈良県暮らし経済対策委員、党県委員。趣味はスキー。

 

facebook www.facebook.com/junichi.shimotori.1
 


衆院奈良1区 井上良子 (いのうえよしこ)

 

1963年12月2日生(53歳)。奈良県奈良市生まれ。

1986年大阪デザイナー専門学校夜間部グラフィックデザイン科卒業。デザイン会社勤務をへて民青地区委員長、奈良県委員長、しんぶん「赤旗」県記者などをつとめる。

 

2009年衆院奈良1区、2017年奈良市長選挙に立候補。

 

政治信条は「誰もが人間らしく生きることができる社会実現」。

現在、日本共産党奈良県国政事務所長 党県常任委員。家族は夫と2女。 

 

Twitter http://twitter.com/inoueyoshiko122

Facebook https://www.facebook.com/pg/inoueyoshiko122/

 



 


【戦争法・共謀罪法廃止!憲法守れ!県下のとりくみ】

 

【安倍改憲NO!全国統一署名の行動】

 

 

 

 

【平和の波(9月20日〜9月26日)奈良行動】

○北葛城郡・生駒郡平和の波

 日時:9月22日(金)11:30~12:00

 場所:JR王寺駅北口

 主催:北葛城郡・生駒郡の新婦人

○大和郡山・平和の波

 日時:9月22日(金)17:00〜

 場所:JR小泉駅前

 主催:新日本婦人の会郡山支部

○大和高田・平和の波

 日時:9月25日(月)9:30~10:30

 場所:近鉄高田駅

 主催:新日本婦人の会大和高田支部

○原爆写真展と折り鶴行動

 日時:9月26日(火)17:15〜18:15

 場所:近鉄奈良駅前

 主催:奈良県原水協

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月14日付け

 

      階戸義雄氏をしのぶ

 

階戸義雄さんを事績を語る集い.jpg

 治安維持法犠牲者・階戸義雄顕彰事業実行委員会は10日、「治安維持法犠牲者 階戸(しなど)義雄の事績を語るつどい」を奈良市内で開催、24人が参加し、熊井三郎前大阪詩人会議代表が講演を行いました。

 同会の田辺実事務局長は、実行委員会を結成した経過などについて述べ、「階戸のたたかいの歴史を顕彰することは、安倍自公政権が憲法改悪を進める情勢下で大きな意義を持つ」と訴えました。

 熊井氏は、階戸の詩が、日中、太平洋戦争下における「抵抗詩」として注目されていたと述べ、階戸の生い立ちや大阪外国語学校在学中に、日本共産党のビラを配り治安維持法違反で逮捕されたこと、日本農労救援会大阪支部の書記として、無産者診療所の医師を守るために奮闘したことなどを語りました。

 階戸が2度目に逮捕された時に、腸結核を発病し、仮出獄中(1937年〜1945年)の8年間に書いた「無名の囚人」「火喰鳥」などの詩が朗読されました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月13日付け

 

      野党共闘 今こそ大きく

     中野氏訴え 奈良市民連合が集会

 

奈良市民連合集会.jpg

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・奈良(奈良市民連合)は11日、「市民と野党の共闘を今こそ大きく9・11奈良市民連合スタディ&キックオフ集会」を橿原市内で開催し、280人が参加しました。

 集会には、中野晃一上智大学教授が駆けつけ、「今、求められる市民連合の役割と課題」と題して講演。

 中野氏は、10日に行われた市民連合の全国意見交換会の中で、様々な地域の動きが活発になってきていると感じたと述べ、10月22日投票の衆院3補選ではチャンスがつかめる状況ができてきていると話しました。

 安倍政権が、維新や小池新党を使い野党共闘の切り崩しを狙っているとして、安倍政権を退陣に追い込むためには、「相手に対してのリスペクトを持ち、仲間を増やし、抵抗の砦を大きくしていくことが大切だ」と市民と野党共闘の重要性を訴えました。

 奈良市民連合事務局の池本昌弘氏より、3000万署名を奈良では30万集めることや毎月19日署名行動を市民連合として統一おこなうなど当面の取り組みについて提起しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 9月12日付け

 

    吉田氏が当選 岡本氏及ばず 

 

 奈良県田原本町議選が10日投開票され、日本共産党の吉田容工氏(60)=現=が837票を獲得して5期目の当選、岡本充弘氏(34)=新=は、614票を獲得するも40票差で次点となり及びませんでした。現有2議席から1議席となりました。

 選挙戦は、定数14に17人が立候補する大激戦となりました。党支部や後援会員らは、吉田、岡本両氏を先頭に、不正のない町政にと訴え、国保税の引き下げや子どもの医療費助成制度の窓口払い無しなど、住民の暮らしを守る公約を掲げて奮闘してきました。

 吉田、岡本両氏は「期待にこたえられず、申し訳ありません。引き続き公約実現と来たる解散、総選挙で国政を変えて、住民の暮らしと平和を守るために頑張ります」と訴えました。

 

 結果詳報は次の通りです。

 ◆奈良県田原本町14―17

当吉田容工60現

      837

 岡本充弘34新

      614

▽共1(2)自1(1)公明2(2)無10(9)議席占有率7・14%(14・28%)

(投票率55・60%)

 

 


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

    奈良学園大学第2回審問開催 

 

奈良学園第2回審問.jpg

 学校法人奈良学園大学が、同大学の教職員組合の組合員8人を不当解雇した問題で6日、不当労働行為救済の第2回審問が県労働委員会で行われました。

 審問では、関西地区私立大学教職員組合連合の紅露和裕書記長と奈良学園大学教職員組合の井上眞理子組合員に対する証人審問が行われました。

 井上氏は、現代社会学部の教授として同大学に呼ばれ、文科省が学部設置の申請を却下したことで、それに代わる第3の学部の設置に伴う中心メンバーとして学部の目的や特色、担当教員の準備リストの作成などをおこなってきたことや、学部設置の計画が凍結され、退職勧奨を受けたことなどが語られました。

 井上氏は、学部設置の中心メンバーとして尽力してきた、自身の専門性が否定されたと話し、「労働者としての尊厳をかけてたたかっていきたい」と訴えました。

 紅露氏は、同大学の財務状況や団体交渉に出席した時の状況を述べ、「理事会の失敗を労働者に押しつけることは許されない」と話しました。


 

    しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

       観光客もエール

 

ならでも9・8.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が8日、258回目の行動をJR奈良駅前でおこない18人が参加しました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、東京電力が柏崎刈羽原発の再稼働を狙っている事について、「福島原発の事故原因が究明されていない中で再稼働を進めることは許されません」と訴えました。

 参加者らは、「原発いらない」「再稼働反対」と太鼓のリズムに合わせてコールしながら、関西電力奈良支店前までデモ行進を行いました。

 デモ終了後、参加者らが駅前で「脱原発の歌」を歌い、アピールすると、九州から観光に来たという男性が「がんばって下さい」と参加者に握手を求める姿がありました。


 

     しんぶん赤旗奈良県ニュース 

 

      NHK裁判第3回口頭弁論

 

NHK裁判.jpg

 46人の原告がNHKを相手に集団訴訟をおこした「放送法遵守義務確認等請求事件」の第3回口頭弁論が4日、奈良地方裁判所大法廷で行われ67人が傍聴しました。

 原告代理人の弁護団は、NHKに対して、受信料の法的性質や新たな受信料の徴収方法、NHKが放送法を守っていない事実として、加計学園問題の放送内容が官邸の意向を忖度(そんたく)するような内容であり、「NHKは、国民に真摯に向き合った報道をするべき」と訴えました。

 同日、「NHK問題を考える奈良の会」は、NHK裁判の報告会と講演会をおこない、弁護団の白井啓太郎弁護士が「森友、加計疑惑とマスメディア」と題して講演しました。

 白井氏は、森友学園、加計学園問題の事実経緯をまとめた年表を使いながら、両学園の問題の確信と官邸の意向がマスメディアの報道に露骨に反映されている事に警鐘をならし、「メディアに流れるフェイクニュースなども含む情報についてどのような情報が出て、議論されているのかを見ていく必要がある」と訴えました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode