ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月18日づけ

 

    住み続けられる村へ

    東吉野村議選 くり候補が第一声

 

東吉野村告示.jpg

  くり幸雄候補

 奈良県東吉野村議選が17日告示(22日投票)され、日本共産党の、くり幸雄候補(75)=現=が立候補し2期目を目指します。

 定数8に9人が立候補する少数激戦のなか、くり候補は「住民のみなさんのさまざまな声を議会や行政に届け、誰もが安心して住み続けられる東吉野村をつくるためにがんばりたい」と第一声をあげました。

 くり候補は、コミュニティバスのバス停増設や路線延長などの公共交通の充実、国民健康保険税・介護保険料の軽減、村道、県道の改善などの公約を訴えました。

 同村の党支部や後援会は「東吉野村にとってかけがえのない存在の、くりさんを議会へ押し上げるためにがんばろう」と奮闘しています。

 

 

 


【戦争法・共謀罪法廃止!憲法守れ!県下のとりくみ】

   

【安倍改憲NO!全国統一署名の行動ほか】

〇日本共産党あやめ池支部の宣伝署名のとりくみ

  4月20日(金)15:30〜16:00  場所:スーパーいそかわ前

  4月24日(火)14:00〜     場所:近鉄あやめ池駅北口

 

〇西谷文和氏講演会

  4月21日(土)13:30〜15:30  場所:奈良市右京ふれあい会館  主催:平城ニュータウン九条の会

 

〇安倍9条改憲NO!広陵町民の会の宣伝署名のとりくみ

 ・4月22日(日)16:00〜17:00  場所:エコールマミ

 ・4月29日(日)10:30〜11:30  場所:エコールマミ  

 

〇安倍9条改憲NO!「上牧町民の会」結成大会

  4月28日(土)14:00〜    場所:2000年会館2階多目的室  主催:安倍9条改憲NO!「上牧町民の会」準備会

   記念講演〜憲法9条に「自衛隊」を書き込めば、日本はどうなる?〜 宮尾耕二弁護士

 

〇安倍9条改憲NO!憲法を生かす奈良県学習決起集会

  5月6日(日)13:30〜16:30   場所:奈良県文化会館小ホール 講師:日本体育大学教授・戦争をさせない1000人委員会事務局長代行・九条の会世話人  清水雅彦さん 参加費 500円 学生・高校生200円  主催:奈良市民連合

 

【3の日宣伝】

〇大佛鉄道公園前での宣伝署名行動

  5月3日(木・祝)13:00〜13:30  主催:新日本婦人の会奈良県本部・佐保路9条の会・日本共産党佐保後援会

 

〇田原本9条の会の署名宣伝行動

 5月3日(木・祝)13:30〜14:30  場所:近鉄田原本駅西側  

 

【6・9日の行動】

〇平城ニュータウン九条の会の9の日宣伝

 毎月9日15:00〜16:00    場所:近鉄高の原駅前 ※雨の日は中止

 

【19日行動】

〇生駒市共同センターの宣伝署名行動

 4月19日(木)14:00〜17:00   場所:近鉄生駒駅

 

〇奈良市民連合のJR奈良駅前宣伝署名行動

 4月19日(木)17:30〜18:15  場所:JR奈良駅東口 

 

 

【その他のとりくみ】

 

 

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月17日付け

 

     暮らしの願いを実現

       八木候補が奮闘

 

八木候補 出発式 2.jpg

八木かつひこ候補

 奈良県宇陀市議選が15日告示(22日投票)され、選挙戦は定数14に17人が立候補するなか、日本共産党の八木かつひこ候補(65)=現=は「市民のみなさんの、身近な暮らしの願いを実現する議席をがんばって守りぬきたい」と訴え、現有議席確保に奮闘しています。

 八木候補は、県内12市中1〜2を争う高額の国民健康保険税や介護保険料の軽減、中学校卒業までの医療費窓口負担無料化、コミニュティーバスの充実で高齢者の外出支援などの公約を訴えています。

 出発式に参加した男性は「八木さんは困った時に相談にのってくれる地域になくてはならない存在」と支援を訴えました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月17日付け

 

     希望あるまちづくりへ

        2候補訴え

 

いくかわ告示2.jpg

いくかわ真也候補

 

川本さん告示.jpg

川本まさき候補

 奈良県御所(ごせ)市議選が15日告示(22日投票)され、日本共産党のいくかわ真也候補(38)=現=、川本まさき候補(65)=新=がそれぞれ第一声をあげ、現有2議席確保に奮闘しています。

 定数13に、14人(新人4人、現職10人)が立候補する激戦です。

 川本候補は「公共交通の改善・充実で、安心して買い物や通院ができるように全力をつくす」とのべ、いくかわ候補は「市政を市民の視点で厳しくチェックし、若者から高齢者まで希望あるまちづくりを進めるために引き続き議会へ送ってください」と訴えました。

 両候補の出発式は、雨のなか党員や後援会員、多数の市民が集まりました。御所市選対本部は「御所市になくてはならない2議席を確保するために、最後の最後まで奮闘しよう」の呼びかけています。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月16日付け

 

   コミュニティーバス充実を

 

御所市署名提出.jpg

 日本共産党のいくかわ真也、川本まさき両候補は12日、コミュニティーバス「ひまわり号」の充実や予約制乗り合いタクシーの導入を求める署名1123人分を同市の東川裕市長へ提出しました。

 署名は「免許証を返納したら暮らしていけない」「ひまわり号の停留所が遠く、本数が少ない」「年をとると買い物も通院も大変」などの市民の切実な声を聞いた同市の党組織が2月から集めたもの。

 両候補は「市民の切実な声や願いに答えてほしい」と訴え▽ひまわり号の本数を増やし、停留所の位置の見直しを▽予約制乗り合いタクシーの導入ーを求めました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月15日付け

 

        軽快にアピール

 

4・13奈良でも.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が13日、JR奈良駅前で行われ、27人が参加しました。289回目です。

 参加者は、ちょうちんやプラスターを手に関西電力奈良支店前まで「原発とめろ」「再稼働反対」「原発いらない」とコールしながらデモ行進。軽快なドラムやタンバリンのリズムに、観光客や道行く人が振り返り注目を集めました。

 駅前では、参加者全員で「脱原発の歌」を歌いアピールしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月11日付け

 

     安倍政権へ怒り 奈良から

        緊急集会&デモ

 

2緊急集会.jpg

 奈良革新懇は9日夜、安倍政権へ怒りの声を今こそ奈良からと「緊急集会&デモ」を近鉄奈良駅前で行い、250人が参加しました。

 奈良市民連合の溝川悠介共同代表が「3000万人署名を力に、市民と野党の共闘で安倍退陣のうねりを奈良からもつくろう」とあいさつ。奈良1000人委員会の呼びかけ人浅川肇さんは「軍事費を増やし続けてきた安倍政権を総辞職させよう」と訴えました。

 奈良県出身の前川喜平前文部科学省事務次官の同集会への連帯メッセージも紹介されました。

 参加者は、ドラムやタンバリンの軽快なリズムに合わせて「終わりにしようアベ政権」「森友幕引きとんでもない」とコールしながらJR奈良駅前までデモ行進。横断幕やプラスターを手に観光客や道行く人にアピールしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月14日付け

 

    安心の年金制度作れ

    奈良県本部が署名呼びかけ

 

4・13年金者一揆.jpg

 全日本年金者組合奈良県本部は13日、香芝市のショッピングセンター前で横断幕を掲げて国の責任で犲磴た佑盥睥霄圓皸多瓦任る畴金制度を求める」署名行動を呼びかけました。

 30人が参加するなか藤垣全弘委員長は「毎年、年金が減らされるのはたまりません。私たちは、隔月の年金支給を毎月にし、最低保障年金など高齢者が安心して暮らせる年金制度を作れと行動しています。ぜひ足を止めて署名への協力を」と訴えました。

 署名に応じた香芝市の女性は「生活の計画が立てやすいので、毎月の支給にしてほしい」とのべ、広陵町の女性は「年金がちゃんともらえるかわからず、安心できない」と話すなど、1時間で68人分が集まりました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月14日付け

 

     住み続けられる村へ

    奈良・東吉野村 くり氏訴え

 

東吉野村議選・九里さん.jpg

くり幸雄候補

 奈良県東吉野村議選が17告示(22日投票)されます。定数8に新人1人を含む9人が立候補予定の、少数激戦の様相です。

 日本共産党のくり幸雄候補(74)=現=が立候補。「安心していつまでも住み続けられる東吉野村に」と訴え奮闘しています。

 くり氏は▽住民からの要望が多いコミュニティーバスの充実▽鳥獣害被害への対策▽国民健康保険税、介護保険料の引き下げ▽林業への支援などを訴えています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 4月14日付け

 

     市民の命守る八木さんを

      奈良・宇陀2期目目指す

 

宇陀市議選・八木さん.jpg

八木かつひこ候補

 奈良県宇陀(うだ)市議選は、15日告示(22日投票)です。定数14に18人が立候補を予定の、激戦の様相です。

 2期目をめざす日本共産党の八木かつひこ氏(65)=現=は、「福祉・医療の充実、暮らしを応援する市政に引き続き全力をつくします」と訴え奮闘しています。

 八木氏は、▽県下の市でトップクラスに高い国民健康保険税、介護保険料の引き下げ▽小学校、中学校の教室にエアコンの設置▽子ども医療費助成制度の窓口無料化▽コミュニティーバスの充実などを訴えています。

 宇陀市の党と後援会は「市民の命と暮らし、福祉を守るために、引き続き八木さんを議会へ押し上げよう」と全力をあげています。

 



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode