ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月5日付け

 

     連帯の力で平和守ろう

 

橿原9条の会 11・3?.jpg

 奈良県の橿原市9条の会は3日、「安倍改憲阻止!辺野古埋め立て即時中止!」近鉄大和八木駅前集会を開き、60人が参加しました。

 水谷和宏代表世話人は、先の参院選挙で奈良県でも市民と野党の共闘が大きく前進したと述べ、「3000万人署名の運動を広げ、安倍改憲ノー声を広げていきたい。沖縄の辺野古に基地をつくらせないたたかいに本土の我々も連帯し、平和を守る運動を進めよう」とあいさつしました。

 国民民主党奈良県総支部連合会の藤野良次代表、日本共産党の太田敦県議、新社会党奈良県本部の森川満委員長が、安倍政権の憲法改正阻止、沖縄の辺野古への基地建設反対の思いを述べ、「ともにがんばりましょう」と連帯のあいさつをしました。

 奈良市民連合事務局の池本昌弘さん、9条の会奈良・県ネットワークの佐川愛子さんが、「市民と野党の共闘の力で、改憲への道を閉ざそう」とあいさつしました。

 集会終了後、参加者は「安倍改憲に反対しよう」「辺野古埋め立てをやめさせよう」などとコールしながら同市役所までデモ行進しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

 奈良教育大学構内で戦跡めぐり

 

弾薬庫跡

 奈良県の天理市平和会は2日、日本陸軍奈良聯隊(れんたい)本部が置かれ、現在は奈良教育大学の構内で「平和のための戦跡めぐり」を行い12人が参加しました。

 参加者は「大阪・奈良戦争遺跡歴史ガイドマップ」の「奈良聯隊跡とその周辺を歩く」を参考に、構内で見学可能な「弾薬庫」「周辺部土堤跡」「煉瓦積糧秣(れんがづみりょうまつ)倉庫」(現在は教育資料館)などの遺構や「陸軍用地9」と書かれた標石(同資料館内に保存)などを見学しました。

 弾薬庫や煉瓦積糧秣倉庫は当時のままの姿を残しており、頑丈な造りに参加者は「どのくらいの量の弾薬が保管されていたんだろう」「糧秣ってなに」「糧秣とは、兵隊用の食糧(糧)及び軍馬用のまぐさ(秣)を意味する言葉です」などと疑問を補いあいながら見学しました。

 

煉瓦積み建物跡


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月3日付け

 

      ちゃんと考えて

 

奈良でも11・1.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が、奈良市のJR奈良駅前で行われました。367回目です。

 参加者は「原発いらない」「再稼働反対」とタンバリンやマラカスのリズムに合わせてコールしながら、関西電力奈良支店前までデモ行進しました。

 参加者の女性は、電力会社のチラシを見ても、原発は安全と良いことしか書かれていないと述べ、「どのような意図で情報が発信されているのか私たちがちゃんと考えていかないといけない。早く原発を無くしたい」と話しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 11月2日付け

 

      展示飛行は違法

 

 2016年に航空自衛隊奈良基地が行ったブルーインパルスの展示飛行は航空法違反だと市民16人の代表は29日、奈良地裁を訪れ、奈良検察審査会に、荒木哲也元奈良基地司令の不起訴処分に対する審査申立書を提出しました。

 今年の9月12日、奈良地方検察庁は、今回の飛行は航空法に定義されている横転、反転にあたらないとして嫌疑不十分で、市民から航空法違反で刑事告訴されていた荒木元指令を不起訴処分にしました。

 航空法では、宙返りや横転、反転、その他航空機の姿勢の急激な変化を伴う一連の飛行などを曲技飛行としており、申立書は、奈良基地が行った「フェニックス」「サクラ」「キューピッド」などの10課目は、曲技飛行にあたるのは明らかであり、最低安全高度以下の飛行禁止にも違反していると述べています。

 申立を行った市民らは、不起訴の決定は、被疑者側である自衛隊の言い分を根拠にした決定であり、このまま嫌疑不十分で不起訴になれば、裁判で問題点を検証する機会が失われ、自衛隊が許可なく、今後も人口密集地上空で危険なアクロバット飛行を続け、その結果、多数の市民を巻き込む大事故、大惨事にならないとも限らないとして、起訴相当の議決を求めました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月30日付け

 

  囲碁 岡田氏 将棋 山根氏   

 

第56回しんぶん赤旗囲碁・将棋奈良県大会が27日、大和郡山市内で開催され、愛好家たちが熱戦を展開しました。

 優勝は、囲碁の部が、岡田天斗さん、将棋の部が、山根紘矢さんです。11月の全国大会に出場します。

 県大会の結果は次の通りです(敬称略)。

【囲碁】1位=岡田天斗(20歳、生駒市)、2位=徳弘晴彦(54歳、生駒市)、3位=大岡拓也(43歳、奈良市)。

【将棋】1位=山根紘矢(25歳、奈良市)、2位=山村聡(22歳、三郷町)、3位=中川剛(48歳、大和郡山市)。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月30日付け

 

     自衛隊への募集適齢者名簿

    提供中止働きかけよ

 

 

 日本共産党奈良県議団(山村幸穂団長、4人)らはこのほど、「自衛隊への『隊員募集適齢者名簿』の情報提供に関する」申し入れを、荒井正吾県知事へ行いました。

 県平和委員会の調査で、県内の市町村が、適格者を抽出した名簿を提供や住民基本台帳の閲覧などさまざま方法で自衛隊に「名簿」の情報提供をしていることがわかっています。

 自治体の自衛隊員適齢者名簿などの資料の提供は、自衛隊法において義務ではなく、国会答弁でも2003年当時の石破防衛大臣が「依頼に応える義務はない」と答弁しているものです。

 県が、自衛隊の要請を受けて、市町村担当者を集めて会議を行っていることは、個人情報保護の観点や県民の「自衛隊への個人情の提供はやめてほしい」との願いに応え、県は会議を行わず、適格者名簿の提供を行わないように、市町村に働きかけるよう求めました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月29日付け

 

  橿原市議補選 山氏及ばず

 

 橿原市長選挙と同日行われた、市議補選(定数2)が27日投開票され、日本共産党の山崎たよ氏(69)=新=は、7512票(得票率19・69%)獲得し、善戦健闘しましたが及びませんでした。参院比例票の2・6倍、衆院比例票の2・2倍を獲得しました。

 山氏の、昨年亡くなった今西貴昭市議の議席を継ぎ、税金の使い方を子育てや介護を優先し、誰もが安心して暮らせる橿原市をと訴えました。

 山氏は、「引き続き、住民のみなさんの願い実現の為にがんばっていきたい」と今後の決意を語っています。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月29日付け

 

     「神武東遷」

  日本遺産申請再考求める

   市民団体 文化財か疑問

 

 平和と民主主義、くらしと教育を守る橿原市民団体連絡会(同市民団体連絡会、同市平和委員会など7団体で構成)は16日、「神武東遷」の日本遺産認定申請を再考するよう森下豊同市長宛てに申し入れし、岡崎益光副市長と吉本重男教育長が対応しました。

 「神武天皇」が九州から東遷する神話をふくむ『古事記』『日本書紀』に橿原市内の地名がいくつか登場しますが、申し入れでは史実・文化財として「疑問符を打たざるをえない」と指摘。神武東遷など天皇統治を正当化する皇国史観が日本のアジア侵略・植民地支配のイデオロギーとされたことをふまえ、「日本遺産の申請は、歴史的事実に基づき、日本国憲法の国民主権と政権分離原則に則って進めなくてはならない」と強調しました。戦前、皇国史観のメッカとされた同市は、かつての侵略戦争、植民地支配を再び繰り返さないためにも、「神武東遷」の日本遺産申請は再考するよう要望しています。

 今年1月、宮崎市を代表にして9府県22市町村が「神武東遷」を日本遺産に申請しましたが、認定されませんでした。

 岡崎副市長は「申請再考の申し入れがあったことは、市長にきちんと伝える」と答えました。申し入れには、日本共産党の竹森衛同市議が同席しました。


10月27日投開票の橿原市議会議員補欠選挙 結果

 

日本共産党の山たよ候補は、7512票で4位となり及びませんでした。

これからも市民のくらし第一で頑張っていきますのでよろしくお願いします。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 10月27日付け

 

    政治の疑問に答える

    奈良 清水議員ら街角トーク

 

街角トークin西大寺.jpg

 日本共産党奈良県委員会は26日、清水ただし衆院議員を迎え、奈良市と生駒市の2カ所で「みなさんの願い聞かせてください街角トーク」を行いました。

 奈良市の近鉄大和西大寺駅前では初めに清水氏が消費税問題などの国会の情勢と共産党の主張を簡単に話しました。

 山村幸穂県議の司会で始まったトークでは、「維新について教えて」「障害者福祉にもっと力を入れて欲しい」などの質問、要望が出され、清水氏が軽快なトークで答えました。その様子に足を止め聞き入る人や「がんばって」と声をかける人がいました。

 「悪い政治を必殺仕事人のように懲らしめて」の質問に、清水氏は「私たちは政治を変える一票を持っています。その一票で皆さんの声を代弁する政治を実現すれば、ここに民主主義ありという体験をつくることができます」と答えました。

 トーク終了後、質問した女性は「議員を『先生』と共産党が呼ばない理由が、『国民の仲間として活動しているから』と聞いて党に親近感をもちました」と話しました。清水氏は「障害者施策など演説会でなかなか扱えないテーマを質問してもらい、党の政策や見解を多くの人に知ってもらえてありがたい」と話しました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode