ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月17日付け

 

     奈良守る運動継続しよう

 

奈良歴史遺産市民ネットワーク総会.jpg

 奈良歴史遺産市民ネットワークは15日、「第20回総会」を奈良市内で開催、260人が参加し、総会の前には、岸本直文大阪市立大学教授の「王墓『限定公開』の成果と古代ヤマト〜箸墓(はしはか)古墳から天武・持統墓古墳まで〜」と題して講演会が行われました。

 岸本氏は、ヤマト(邪馬台)国から倭国がどのように生まれてきたのか、古墳時代の王権構造がどのようなものだったのかを倭国王墓の変遷と併存の関係から説明しました。

 岸本氏は、宮内庁がおこなった王墓の「限定公開」や空中レーザー測量図からわかった各古墳の様相、今後、宮内庁が、地元自治体と一緒に調査を行なう方向性を打ち出していることなどを説明し、「今後の調査のやり方が変わってくる可能性がある」と話しました。

 総会では、活動方針として、世界遺産の保存と整備問題や奈良公園の特区政策など、国・県・市のバラバラな開発計画や整備計画を、多くの団体、個人と連携して奈良を守る運動を継続することなどが出されました。

 役員は、代表に浜田博生氏、事務局長に小宮みち江氏が再選されました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月15日付け

 

      再稼働ノー奈良で行動

 

1・13奈良でも.jpg

 

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が13日、今にも雪が降りそうな夕刻225回目の行動が、JR奈良駅前で行われ21人が参加しました。

 参加者らは、ちょうちんやピカピカ光るライト、ミニプラスターなどを手に関西電力奈良支店前まで「原発いらない」「再稼働反対」とタンバリンや小太鼓のリズムに合わせてコールしました。

 信号や同支店前でしばらく止まりデモ隊がコールをすると、車内や道行く人が興味深そう見る姿がありました。

 参加者らは、JR奈良駅前に戻り「脱原発の歌」を歌いアピールしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月13日付け

 

     世直し一緒に進めよう

       新春のつどい

 

2新春の集い.jpg

 

 日本共産党奈良県委員会は12日、「新春のつどい」を橿原市内で開催し、550人が参加しました。

 初めに細野歩党奈良県委員長は、「小選挙区でも比例でも党を大きく伸ばすことが大切です。『全国は一つ』の立場で対話と支持を広げていきましょう」とあいさつしました。

 会場では、衆院議員小選挙区の4人の予定候補者や、2017年に、奈良県内でおこなわれる地方選挙の候補者や議員が紹介され、それぞれ決意を述べました。

 記念講演では、宮本岳志衆院議員が、参院議員選挙を振り返り、「国民的な大義の旗をかかげる」「本気の共闘をつくる」この2つの「勝利の方程式」を使えば安倍政権に勝つことができると力強く訴えました。

 宮本氏は、税金の使い方、集め方、働き方を変えれば政治を変えることができると話し、「一緒に世直しを進めていただきたい」と参加者に呼びかけました。

 桜井市にある談山(だんざん)神社の元禰宜(ねぎ)浅川肇氏が党への期待をこめた連帯のあいさつをしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月10日付け

 

   南スーダン派遣自衛官も「反対」

 

2017年成人式宣伝宣伝in奈良.jpg

 

 奈良県の日本共産党衆院議小選挙区予定候補らは、各地区委員会や地域の議員、後援会員、民青や新婦人、九条の会などの民主団体と共に8、9日の両日、それぞれの地域で「成人式宣伝」を行いました。

 奈良市会場では、井上良子衆議院1区候補や山村幸穂、小林照代両県議、奈良市議団らが「おめでとうございます」と新成人にJCPパンフと赤旗号外を配りました。

 同時に行ったシール投票では、振り袖姿の新成人から「戦争いやや」「ブラック企業怖い」「学費高い」という声が聞かれ、パンフを読みたいと話す男子学生の姿もありました。

 橿原市会場では、橿原市9条の会がつくった南スーダンへの自衛隊の派遣の賛否を問うシール投票に、真っ赤な羽織はかまの新成人らが応じ、その中の一人は「自分は、自衛官だけど反対です。なんで行かんなあかんのって思います」と話しました。

 

2017年成人式宣伝in橿原.jpg


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月8日付け

 

   一緒に学ぼう 政治は変わる

      希望ある未来

    白川史恵さん@奈良

 

民青同盟白川奈良県委員長.jpg

 新成人のみなさん、おめでとうございます。20歳になった実感はどうでしょうか?学校や職場で充実した日々を送れているでしょうか?それぞれの思いを胸に秘めていると思います。今年成人式を迎えられたみなさんは18歳選挙権が実施され成人を待たずに有権者となった最初の世代です。昨年夏の参議院選挙で初めて政治について考えたという人も多いと思います。高学費や低賃金など政治によって知らないうちに苦しめられている世代でもあります。学生や青年労働者のみなさんは多忙で政治に触れる時間もない人が多いと感じています。青年の多忙化を生み出す原因を作っている政治を一緒に変えましょう。新成人のみなさんの未来が希望で満ちたものになりますように。

 

 

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月8日付け

 

   今年もやります脱原発奈良でも行動

 

奈良でも1・6.jpg

 2017年初めての「脱原発奈良でも行動」が6日、JR奈良駅前で行われ、「あけましておめでとう、今年もよろしく」と25人が参加しました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは、「新年初めての『奈良でも行動』は、224回目になりました。こんなに続けることができているのも皆さんのおかげです。今年もがんばりましょう」と訴えました。

 参加者は、ミニプラスターなどを手に「原発いらない」「再稼働反対」とマラカスやタンバリンのリズムに合わせてコールしながら、関西電力奈良支店前までデモ行進をおこないました。

 参加者の男性は「今年もがんばって行動していきたい」と抱負を述べました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月8日付け

 

       今年こそ福来れ

           奈良・南市初えびす

 

えびす2017年5日.jpg

 奈良市の「もちいどのセンター街」の近くにある南市恵比寿(みなみいちえびす)神社では4日と5日、商売繁盛や家内安全を願う、「初えびす」がおこなわれ、「えびすさん」の御利益にあやかろうと多くの人でにぎわいました。

 「吉兆笹(きっちょうざさ)いかがですか」と福娘たちの元気な声がお社に響き、お参りをした参拝客らは、吉兆笹に縁起物の鯛や福俵などの飾りを付けてもらう姿が見られました。

 南市恵比寿神社は、春日大社の末社にあたり、鎌倉時代に市場の守り神として建立されました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月6日付け

 

      改憲阻止力尽くす

       4候補力込め

 

4候補新春宣伝?.jpg

 

 日本共産党奈良県衆議院小選挙区の井上良子(1区)、しもとり純一(2区)、所すすむ(3区)、青木みつはる(4区)の各候補は4日、志位委員長の党旗開きあいさつの視聴後、近鉄奈良駅前で新春宣伝を行い、「貧困と格差を広げる、自公、維新の悪政3兄弟に審判を下そう」「平和を守るために憲法の改悪阻止に力を尽くします」と訴えました。

 街頭では、4候補の訴えを、最初から最後まで聞いていた男性が「とにかく頑張って」と、候補者に声をかける姿がありました。

 党旗開きでは衆院小選挙区4候補と共に、橿原市議選の竹森まもる、西川まさかつ、今西たかあきの3候補と香芝市議選の池田えい子、中井まさとも両候補が決意を述べました。


1月1日、元旦から衆院奈良1区から4区の予定候補者は区内各地で新年の訴えを行いました。

 

1区の井上良子予定候補は、山村さちほ、小林てるよの両県議と山口ひろし、北村たくや、井上まさひろ、松岡かつひこ、山本直子、小川まさかず、白川ケンタローの各奈良市議と近鉄奈良駅前で。佐藤真理弁護士も参加!

 

2区の、しもとり純一予定候補は、宮本次郎県会議員と生駒郡内で。

 

3区の所すすむ予定候補は、沢田洋子、向川征秀の両市議と大和高田市内で。

 

4区の青木みつはる予定候補は、竹森まもる、西川まさかつの両橿原市議と今西たかあき元市議と橿原アルル前で。

どこでも雰囲気があたたく、激励も寄せられました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月5日付け

 

     わがまちふるさと

       にぎわう砂かけ祭り

 

砂掛け祭り.jpg

 奈良県の北西部に位置する北葛城郡河合町が私の故郷です。人口18,166人(2016年11月末)、8・23㎢の小さな町です。すぐ近くには世界遺産の「法隆寺」があり、東西に町を縦断する西名阪自動車道のインターチェンジは町内にありながら「法隆寺インターチェンジ」となるほど法隆寺に圧倒されそうですが、河合には誇れるものもあります。

その一つが「大和の奇祭」として有名な「砂かけ祭り」です。水の神様が祀られる広瀬神社で毎年2月11日に行われる五穀豊穣を願い、「砂」を「水」に見立てて掛けあうお祭りです、近年関西近郊からの見物客でにぎわっています。

もう一つは「馬見(うまみ)丘陵公園」です。お隣の広陵町にまたがる東西3繊南北7舛傍擇峺内2番目の広さを誇ります。毎年10月には馬見フラワーフェスタが開かれ、高さ4辰砲覆襦峭陳襯瀬螢◆廚覆斌鵤横桔株の花々が目を楽しませてくれます。

砂かけ祭りから誕生し「すな丸君」も河合町のキャラクターとして人気急上昇中です。

1970年代に宅地造成されたニュータウンの住民が6割以上を占めています。新旧住民の往来も活発になっていますが、高齢化が進み対策が急がれる町でもあります。

(馬場千恵子河合町議)



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode