ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月19日付け(5面)

 

     一緒に解決してくれる

      植田岳人さん

ここがいいネ!共産党・植田君.jpg

 私は、民医連の診療所で事務職員として働いています。診療所には、「お金がないので診療の回数を減らしてほしい」「検査で何か見つかればお金がかかるから、検査をしないでほしい」など困難を抱えている患者さんが来ます。

 その困難を私たちと一緒に解決してくれるのが、共産党です。その人がその人らしく生活できるように、生活保護など公的制度が必要な時は一緒になって役所などに掛け合ってくれます。

 今の日本には自己責任という言葉が蔓延しています。憲法には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を持つ」と書いてあります。消費税を上げるよりも大企業や富裕層への優遇をやめて、それで増えた財源を、社会保障に回すべきです。

 選挙で共産党の議席が増えれば、大企業や富裕層以外の人たちの生活を守ることに繋がります。公約を見れば、「なんか共産党ってやるやん」と思ってもらえると思います。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月19日付け

 

     自公政権ではダメだ

  土庫病院名誉理事長 稲次直樹先生 

 

ここがいいネ!共産党・稲次先生.jpg

 安倍首相は、野党共闘が怖くてこわくてしかたない、32の一人区で負けたらどうなるかと心配していると思います。ですから今度の選挙は、みんなの力で奈良から西田一美野党統一候補を国会に送りたいと思います。

 自民党と公明党が推す候補は「消費税10%への引き上げは社会保障の充実と財政健全化のため必要」と堂々と他の新聞に大ウソを書いています。皆さん、消費税は30年間で400兆円集まりましたが、社会保障には使わず、その約80%を法人税や富裕層の税金をまけるために使ってきた、これが自民党です。

 私の所にも、手術する時に家族や誰の世話にもなりたくない、経済的な問題で病院になかなか行けないお年寄りが本当に増えています。やっぱり今の自公政権、それを一生懸命押している維新の会に今の政治を任すわけにはいかない。本当にそう思います。私も、この地域で共産党の前進や躍進のために皆さんと一緒にがんばりたいと思います。(10日、大和高田市の演説会)

 


 

   しんぶん赤旗奈良県ニュース

 

  鎌野氏先頭にパレード

 

ももたろう1.jpg

 日本共産党奈良地区委員会は14日、JR奈良駅前と近鉄富雄駅前で、鎌野祥二参院比例候補を先頭に商店街を歩いて宣伝しました。

 鎌野氏は「今回の選挙は、安倍政権に審判を下すチャンスです」とのべ、共産党の「減らない年金」財源案などについて説明し、「暮らしや家計を応援し、政治と経済を立て直す、共産党を大きく躍進させて下さい。奈良選挙区は野党統一候補へ支持の輪を広げてください」と訴えました。

 「暮らしに希望を=三つの提案」や「減らない年金」の大型プラスターやのぼりを持った後援会員は、JR奈良駅から近鉄奈良駅まで「比例は共産党」「消費税増税ストップ」「国民が主人公の日本をつくろう」とアピールし、「減らない年金」ビラを配りました。

 鎌野氏や後援会員の訴えに、「がんばってください」と拍手で応じる女性やビラを受け取る駅利用者がいました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月17日付け

 

       大門氏奈良で

 

大和子利山市街頭演説.jpg

 日本共産党の大門みきし参院議員は13日、鎌野祥二参院比例候補と近鉄郡山駅前とJR奈良駅前で街頭演説をしました。

 大門氏は、増税やめて、安心できる年金制度を、平和憲法を守ってという皆さんの願いを、今度の選挙では、選挙区は野党統一候補に、比例は共産党に託しくださいと述べ、「皆さんの思いが重なれば必ず政治を変えることができます」と力強く訴えました。

 鎌野氏は、共産党の「減らない年金」の財源や「暮らしに希望を=三つの提案」について述べ、「奈良選挙区も比例区も大激戦です。知り合いに支持をひろげてください」と訴えました。

 雨の中集まった、たくさんの聴衆からは「がんばれよ」「比例は日本共産党!」と応援の声がかかりました。

 大門氏と鎌野氏は、夜間には、奈良市内の個人演説会で訴えました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月15日付け

 

学生、共産党提案知り「選挙行きます」

 

○…大学前宣伝.jpg

 日本共産党奈良県青年学生部などは12日、「選挙に行って、政治を変えよう」と奈良市の大学前で宣伝しました。

 「暮らしに希望を!シールアンケート」を使って学生と対話。「安心できる年金」にシールを貼った女子学生に対し、「減らない年金」のプラスターで共産党の財源案を説明し、「比例は共産党に」と訴えると頷きました。

 「たつみさんの選挙カーを見た」と話す、大阪府に住む男子学生は「消費税増税以外のやり方はないのか」と質問。参加者が共産党の政策についてのべ、「比例は共産党、選挙区はたつみ候補に」と支持を訴えました。

 11日には、天理市の大学前でもシールアンケートを使って宣伝。「消費税増税って止められるんですか、もう無理なんでしょう、だから選挙には行かない」と話した男子学生に「今からでも止められる」と共産党の提案を説明すると「止められるなら、選挙に行きます」と答えるなど、学生が次々アンケートに答えました。


 

   しんぶん赤旗奈良県ニュース 

 

 「脱原発の歌で」アピール

 

奈良でも7・12.jpg

 毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が奈良市のJR奈良駅前で行われました。352回目です。

 参加者はちょうちんやミニプラスター、のぼりなどを手に「原発いらない」「再稼働反対」と小太鼓のリズムに合わせてコール。関西電力奈良支店前までデモ行進しました。デモ隊のコールに大きくうなずく女性の姿がありました。

 JR奈良駅前では「脱原発の歌」を歌って駅利用者などにアピールしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月13日付け

 

 

  「選挙に行って政治を変えよう!」

 

市民連合宣伝7・12.jpg

 「安保法制廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・奈良」(奈良市民連合)は12日、「選挙に行って政治を変えよう」と、奈良市の近鉄高の原駅前でキャラバン宣伝をしました。

 参加者は、横断幕や政策プラスター、のぼりを立てて、「大企業中心の安倍さんの政治では、老後の生活はできません。2000万円をためるより、私たちが出来ることは、選挙に行って政治を変えることです」「市民と野党が力を合わせて政治を変え、くらしや平和を守ろう」と訴えました。

 参加者が「選挙に行きましょう」と呼びかけ、市民連合のビラを配ると、駅利用者などが次々に受け取り、「がんばってください」と男性がビラを受け取りました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月11日付け(4面)

 

      奈良で山下副委員長

         西田統一候補

 

王寺駅前宣伝.jpg

 日本共産党参院比例候補の山下よしき副委員長は10日、奈良県王寺町のJR王寺駅前で、鎌野祥二参院比例候補、西田一美参院奈良選挙区野党統一候補とともに訴えました。

 山下氏は「あなたの一票で政治を変えよう」と訴え、安心できる年金をつくるための三つの財源や「くらしに希望をー三つの提案」についてのべました。

 「日本共産党が伸びれば政治は変わります。市民と野党の共闘が前進します。比例代表は日本共産党と書いてください。大阪のお知り合いには、選挙区のたつみコ―タロウを広げてください」と熱く訴えました。

 鎌野氏は「誰もが自分らしく生きられる社会、暮らしや福祉を充実させる新しい政治を実現しよう」と訴えました。

 西田氏は「命を大切にする政治を取り戻すために最後のさいごまでがんばります」と訴えました。

 参加者や駅利用者から「がんばれ」「いいぞ、その通り」と声援がかかりました。

 山下氏と鎌野氏は、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説を、大和高田市で演説会を行いました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月10日付け

 

     共闘に最も献身的だ

 

ここがいいネ!共産党 溝川さん.jpg

 「安保法制廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・奈良」(奈良市民連合)の溝川悠介共同代表。

 不都合な真実は全て隠す、ねつ造・改ざん、忖度政治、そんなとんでもない安倍政治がなぜ倒れない、その原因は、野党がバラバラだったからではないでしょうか。市民と野党の本気の共闘にもっとも献身的でぶれずにがんばってきたのが共産党です。自公とその補完勢力に打ち勝ち、共産党が大躍進してこそ政治を変える力になると確信しています。

 参院選挙の勝敗のカギは、32の一人区にかかっています。奈良選挙では西田一美さんに一本化されました。この翌日、共産党選挙区予定候補者の鎌野祥二さんが立候補を辞退し、西田さん当選のために全力を尽くすと表明されたことに、奈良市民連合は敬意を表します。

 比例で共産党を大躍進させ、野党統一候補を勝利させれば、改憲勢力は3分の2に届かず、安倍政権は9条改憲断念だけでなく、早期退陣間違いなしの状況を造れるのではないでしょうか。市民と野党の共闘で、悔いのないたたかいをし、勝利めざしてがんばります。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 7月10日付け

 

         奈良・広陵町

 消費税増税阻止 党への支持訴え

 

 奈良県の日本共産党広陵(こうりょう)支部は「参院選挙が始まりました。今度の選挙は、暮らしや平和に直結する選挙です」と共産党への支持を訴えています。

 支部員が、「増税されれば税収が減ることになる消費税



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode