ニュース 青年のページ 政策と主張 議員・候補者 リンク お問合せ プロフィール
ニュース

 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月9日付け

 

     奈良県春闘共闘会議

 

奈労連春闘旗開き.jpg

あいさつする松本奈労連議長

 奈良県春闘共闘会議は6日、「2019年春闘勝利 新春旗開き」を奈良市内で行い、40人が参加しました。

 あいさつした同会議代表委員の松本俊一奈労連議長は、職場に根ざした目に見える分かりやすい運動をつくり、労働組合が強く大きくなる春闘にしようと強調。「今こそ、労働組合の出番です。ピンチをチャンスと考えて、力を合わせてがんばりましょう」とのべました。

 黒澤幸一全労連事務局次長が講演。北海道や長野県、静岡県の労組の活動を紹介しながら、春闘にむけた組織拡大や大幅賃上げなど五つの構えと要求を説明し、「要求を実現するために声をあげれば変わると労働者に働きかけることが大切。要求と組織拡大と行動を結合させ、この春闘をたたかおう」と呼びかけました。

 竹末和美同会議事務局長・奈労連事務局長が2019年春闘の行動提起し、不当解雇撤回の争議をたたかう奈良学園大学教職員組合の川本正知執行委員長が引き続き支援を訴えました。

 日本共産党の山村さちほ県議が連帯のあいさつをしました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月9日付け

 

    保護者ら署名など運動

 

高校削減県民集会.jpg

県立高校の削減に反対する県民集会で意見をのべる保護者=2018年11月10日、奈良市

 

 奈良県の「県立高校再編計画」は昨年9月議会での条例改正案可決後も「私たちの母校をなくさないで」「子どもたちの進路選択を奪うな」と県民から批判の声があがっています。(奈良県・石橋和美)

 県教委は「教育の質の向上」を名目に、平城高校と登美ヶ丘高校、西の京高校の3校を2校に統合して、平城高校の校舎に奈良高校(いずれも奈良市)を移転。吉野高校(吉野町)と大淀高校(大淀町)、大宇陀高校と榛生昇陽高校(ともに宇陀市)を統合する計画を打ち出しました。荒井正吾知事も6月28日の定例記者会見で「今度の再編計画についてはよく考えておられる」と同計画を支持する発言をしています。

  県民が計画反発

 県教委は、校名を伏せたまま昨年3月に意見公募を行い、多くが反対意見だったにもかかわらず、その結果を再編成に反映させず、校名公表後は一切意見公募を行っていません。

 この間、保護者や教師、県民などでつくる「県立高校削減問題を考える会」は4回の県民集会を開き、平城・奈良高校生の保護者や卒業生、学校を取り巻く関係者の意見や思いを共有してきました。平城高校関係者が取り組んだ、計画の見直しを求める署名は6月議会での計画発表後、わずか2週間で2万人以上から集まりました。

  耐震化は放置

 奈良高校は2011年に、県教委宛てに新築移転も含めた「全面改修要望書」を提出。耐震工事の実質設計や13年にはプレハブ校舎の図面立案まで行っていました。しかし15年に「高校再編成も含めた計画の立て直し」を理由に耐震化が見送られ、現在に至っています。

 無謀な計画に矛盾が噴出しています。計画では、奈良高校を22年の春に平城高校の校舎に移転して「耐震完了」としています。しかし、移転までの3年半、奈良高校の耐震化が放置されることが明るみに出て、同校の保護者が県議会宛てに陳情書を提出するなど批判が高まりました。県教委は対応策を検討するなかで、同校の校庭に仮設校舎の建設を行うと発表。その間、同校の生徒は10年前に閉校となった城内高校(大和郡山市)の校舎を使用する案をだしました。

  党県議団の役割

 「県議会に陳情に行くと(共産党の)宮本次郎県議が親身になって話を聞いてくれた」と平城高校の保護者は話します。共産党県議団は、計画が発表された昨年6月議会から12月議会まで本会議や委員会などで「県立高校適正化実施計画」に反対の立場を貫き、論戦をリードしてきました。

 同6月県議会において「実施計画」が賛成27、反対10で強行可決され、平城高校関係者が提出した請願書は賛成13、反対29で否決されました。県議会で共産党県議(5人)と一緒に同計画に反対し、請願書に賛成する県議が出たことは、計画に反対する県民世論の反映だといえます。

 「県立高校削減問題を考える会」は今後、創意ある取り組みで、あきらめず息の長い運動をつくり、計画の凍結・見直しをさせようと行動提起をしています。

   〈高校生の声〉 

 平城高校の生徒たちの声を紹介します。「ぼくたちの意見を聞いてくれない。おとなの意見ばかり聞いて無責任だ」(1年・男子生徒)、「平城は人気があるから、受験しようとしている子が困ると思う」(3年・女子生徒)、「再編計画が決まってから教育長が説明に来たのはおかしい。母校が無くなるのは悲しい」(1年・女子生徒)。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月8日付け

 

「えべっさん」に商売繁盛を願う

 

南市恵比寿神社「五日戎」.jpg

 奈良市の南市恵比寿(みなみいちえびす)神社で5日、商売繁盛や家内安全を願う、「初戎(はつえびす)」が行われ、招福と商売繁盛の「えべっさん」の御利益にあやかろうと多くの人でにぎわいました。

 「吉兆笹(きっちょうざさ)いかがですか」と福娘たちの元気な声が社に響くなか、参拝客らは、吉兆笹に縁起物の鯛や福俵、鈴などの飾りを付けてもらう姿が見られました。

 南市恵比寿神社は、春日大社の末社として鎌倉時代に開かれ、創建当時から高天市と北市とともに南都の三市と呼ばれる南市の守護神社として栄えてきました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月4日付け

 

      共闘と党大きく

 

新春宣伝.jpg

 日本共産党のかまの祥二参院奈良選挙区候補、山村さちほ、小林てるよ両県議、奈良市議団は1日、東大寺や春日大社、興福寺などへの初詣客でにぎわう近鉄奈良駅前で、党後援会員たちと一緒に新年恒例の宣伝を行いました。

 かまの氏は「市民と野党の共闘と日本共産党の躍進で、行き詰った安倍政権の政治を変え、新しい政治への展望を開く年にしよう」と訴えました。

 山村氏は「県民に冷たい奈良県政を変え、くらしや教育をしっかり守るあたたかい奈良県をつくるために全力をあげます」と述べました。

 小林氏は「安倍暴走政治に追随する荒井県政を、県民の声を聞く県政に変えるため、今度の県議選で5議席から6議席以上に躍進させてください」と訴えました。

 今井光子、宮本次郎、太田あつし各県議や北野いつ子県議候補(大和郡山市議)も各地で宣伝しました。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 1月3日付け

 

    あけまして大仏さんの顔

 

2019年大仏殿2.jpg

 新年を迎えた奈良県奈良市の東大寺大仏殿では、元日の午前0時から8時まで、正面のアーチ型の屋根「唐破風(からはふ)」の下にある観想窓(かんそうまど)が開き、そこから大仏の顔を見ることができます。

 参拝客らは、正面の門から中に入り、かがり火がたかれるなか夜空に浮かび上がる大仏殿の珍しい光景を写真に収めていました。

 大仏殿の前にある鏡池のほとりでは、大仏殿と池の水に映る逆さまの大仏殿をカメラに収めようと足を止める参拝者の姿がありました。

2019年大仏殿3.jpg

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。皆さんの活動を少しでも応援できる紙面づくりをがんばります!!


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月31日付け(10面)

 

  今年最後の「脱原発奈良でも行動」

 

奈良でも12・28.jpg

 今年最後の「脱原発奈良でも行動」が奈良市のJR奈良駅前でありました。325回目です。

 参加者はちょうちんやプラスターを手に「原発いらない」「原発とめろ」とコールしながら関西電力奈良支店前までデモ行進。車の中から手を振りながら「がんばって」と激励する女性がいました。

 呼びかけ人の白川史恵さんは「新年は11日から行動します。来年もよろしくお願いします」とあいさつ。参加者が拍手で応えました。

 


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月25日付け

 

       奈良県の3大ニュース

 

  ‐中学校へのエアコン設置来夏までに
  高校削減計画に反対広がる

  「脱原発奈良でも行動」325回

山本.jpg

 小・中学校へのエアコンの設置率が全国でワースト2位の奈良県が、来夏までに100%の設置をめざし市町村への補助を決定。これは、党県議団や地方議員団が要望を続け、市民団体など県民の運動が実ったものです。

 県は、10年前に引き続き県立高校3校の廃校を6月に発表。拙速な計画に県民の反対の声が広がり、保護者が行った反対署名は約2週間で2万人以上から集まりました。引き続き、計画の見直しを求め運動を進めます。

 夏の暑さや冬の寒さに負けず、毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が28日、325回目の行動をします。原発が日本からの無くなる日まで「原発いらない」「再稼働反対」「原発とめろ」と元気に奈良でも声をあげ続けます。

 

本年度の更新を終わらせていただきます。しんぶん赤旗奈良県ニュースをご覧いただきましてありがとうございました。

奈良県ニュースが運動の手助けになるように、来年も記者活動をがんばりたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。

良いお年をお迎えください。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月25日付け

 

       奈良県の3大ニュース

 

  ‐中学校へのエアコン設置来夏までに
  高校削減計画に反対広がる

  「脱原発奈良でも行動」325回

山本.jpg

 小・中学校へのエアコンの設置率が全国でワースト2位の奈良県が、来夏までに100%の設置をめざし市町村への補助を決定。これは、党県議団や地方議員団が要望を続け、市民団体など県民の運動が実ったものです。

 県は、10年前に引き続き県立高校3校の廃校を6月に発表。拙速な計画に県民の反対の声が広がり、保護者が行った反対署名は約2週間で2万人以上から集まりました。引き続き、計画の見直しを求め運動を進めます。

 夏の暑さや冬の寒さに負けず、毎週金曜日の「脱原発奈良でも行動」が28日、325回目の行動をします。原発が日本からの無くなる日まで「原発いらない」「再稼働反対」「原発とめろ」と元気に奈良でも声をあげ続けます。

 

本年度の更新を終わらせていただきます。しんぶん赤旗奈良県ニュースをご覧いただきましてありがとうございました。

奈良県ニュースが運動の手助けになるように、来年も記者活動をがんばりたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。

良いお年をお迎えください。


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月29日付け

 

    新修理文化財を展示

 

 奈良国立博物館で特集展示「新たに修理された文化財」が開催されています。(1月20日まで)

 今回の展示では、同館が2016年〜17年にかけて修理した収蔵品の中から、重要文化財5件を含む9件が展示され、同館が文化財を継承していくために行っている修理内容などをパネルで分かりやすく紹介しています。

 平安時代に書写された「法華経」(重文)8巻や2羽の鳳凰(ほうおう)孔雀(くじゃく)、鸚鵡(おうむ)が旋回する文様を、中国・宋元時代に盛行した戧金(そうきん)技法=漆地に線刻し、金箔をすり込んで表す=で制作した「鳳凰文戧金経箱」(重文)が展示されています。

 来館者の寄付によって2017年に本格修理された「木造天部立像(もくぞうてんぶりゅうぞう)」も展示されています。

 

 

  


 

 しんぶん赤旗奈良県ニュース 12月26日付け

 

     ホテル建設景観に危惧

 

世界遺産登録20周年記念校いぇン会1.jpg

 「古都奈良の文化財」世界遺産登録運動20周年記念講演会が22日、奈良市で開かれました。1998年の登録を目指して市民の立場から後押し、登録後はその保存と活用にかかわってきた「奈良歴史遺産市民ネットワーク」と「古都奈良の自然・文化遺産を守る会」の共催で開かれ、会場いっぱいの120人が参加しました。

 文化財保存全国協議会の杉田義事務局長が、運動の20年間のあゆみとともに、若草山へのモノレール設置や奈良公園に高級ホテル建設など古都奈良の文化財に起こった危惧される問題について報告しました。

 吉川真司京都大学教授は「奈良時代の東大寺絵図をよみとく」と題して講演。756年に作成されたと思われる東大寺の寺地を表す絵図と現在の東大寺周辺の山や川、道路とを比べながら解説。1260年以上を経て、奈良時代とほとんど変わらない景観を残している当時の様子を知り、参加者からは驚きの声が上がりました。

 仲川元げん奈良市長と同市教育長からのメッセージが紹介されました。



最新記事

記事カテゴリー

過去の記事

さらに古い記事

記事検索

その他

mobile

qrcode